がんの治療期間はどれくらいですか?

早期のがんであれば1ヶ月程度、やや大きながんでもリンパ節への転移がなければ3ヶ月程度となりますが、リンパ節や他の臓器へ転移のある場合は、治療期間には個人差があり、期間を決めることはできません。当院では、初診時の検査で染色体の末端にある「テロメア」の長さを計測します。テロメアは「細胞の寿命」とも呼ばれる値で、数値が小さくなるほど細胞が力を失っていると考えらます。健康な50歳代であれば、800くらいが正常の値です。テロメアが500以上あれば、数ヶ月以内の治療で回復が見込めますが、それ以下の方は集中治療または長期の治療が必要になることがあります。


 月に何回くらい通えば治療効果がありますか?

治療効果は治療頻度に比例します。とくに治療開始直後は、できるだけ頻繁に来院していただくことで、効果をアップさせることができます。毎日来院してもらうのが理想ですが、週に1〜2回程度来院する患者さんが多くなっています。


 治療は具体的にどのようなものでしょうか?

波動を身体に波及させる「ハーモナイズ」と、身体を温めテラヘルツ波を共鳴させる「陶板浴」が治療の柱になります。いずれも、患者さんは横になって休んでいるだけで、痛みや刺激はありません。来院できない日は、「波動転写水」や「遠隔療法」を利用して、自宅でも波動療法が受けられるようにしています。詳しくは私の書籍『余命宣告からの希望の「がん治療」』に著しています。


 1回の治療時間はどれくらいですか?

初診は検査と治療を含めて3時間程度。2回目以降は、簡易検査と、「陶板浴」→「ハーモナイズ」→「陶板浴」の治療で1時間半ほどです。


 治療に要する費用はいくらくらいですか?

初診の月は1ヶ月に15〜20万円程度、2ヶ月目以降は1ヶ月あたり10〜15万円程度です。症状や希望する治療方法によって異なる場合があります。ホームページの「費用について」に、治療ごとの費用を掲載しています。詳しくはお問い合わせフォーム、または直接電話にてお問い合わせください。


 遠方で直接診察に行けないのですが・・・

できれば初診時だけは検査のために来院をお薦めしますが、どうしても来院できない場合は遠隔での検査や治療を行います。詳しくは直接電話にてお問い合わせください。初診の検査だけは来院できる方の場合は、自宅で「遠隔治療+波動転写水+陶板浴」の治療が継続できるように提案をさせていただきます。